<< 締めくくりのご挨拶?? | main | 返り咲き! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

We are Φn' 39!! and U?

遅ればせながら、KinKiコンに参戦して参りました!
...て、今日が最終日だったんですけどね(TωT)

今年は金銭面の問題で、最終日しか行くことが出来なかったKinKiコン。
今日は本当に本当に楽しかった!

実は、ここ10年くらい?感じることがなかった、まったりゆったりとした年末を過ごせたので、「来年から、1日だけにしようかな...。」とちらっと思ったりしたんですが、今日見に行ったらそんな考えは吹っ飛びました。
今年の年末は身体がボロボロになろうと、30日から参戦してやるわ!!と固く誓ったのでした(笑)



東京ドームは21:30になると音を出してはいけない決まりがあるらしいのですが、21:29「やってやるぜー!」とダブルアンコールを強行してくれたみんなに涙しました(TωT)

終わってみれば、公演時間過去最長の4時間越え(笑)←開演17:30終演21:40頃
そりゃKinKiファン以外の人に公演時間を話すと「ながっ!!」と言われるワケですよね...(^-^;)
普段でも3時間たっぷりやってくれることが多いです♥
そしてそのうち1時間強はMCという...(笑)
そんなKinKi Kidsが大好きだ♥♥♥
(きっと2人は今日もジャニーさんに「YOUたち長すぎだよ!」と怒られていることでしょう.../笑)


そしてそして、今日のつよさんはとにかくテンションが高かった!(おかしかったとも言う/笑)

最初の数曲が終わって、1回目のMC。
毎年恒例、光一さんのバースデーを祝っている時のこと。
つよさんが光一さんへプレゼントを渡し、光一さんにプレゼントを開けさせ、その後ごそごそと手を突っ込んで「これ石鹸やろ〜、これは入浴剤で〜、あとリップクリーム...」

...とここまではわたしも記憶にあるんです。
その後の衝撃が大きすぎて、間の細かい行動は忘れてしまったのですが
(ノД`;)・゚゚・。

そのリップクリームを開け、おもむろに自分の口唇に塗り始めた剛さん。
3度、4度とベタベタベタベタとリップを塗り重ねます。

そして光一さんのところへ行き、
「光一、目つぶれ」
と。
光一さんは
「えー!?ちょ、マジで怖いんやけど...」
とか言ってた気がします。
とにかくわたしの記憶が吹っ飛んでるんで、細かいところは他ブログを参考にして下さい(ノД`;)・゚゚・。

なんだかんだ言いつつ、目をつぶりながらも逃げ腰な光一さんの顔をつよさんが掴み、そして口唇へブチュー!と.....。

そうです。
5万5千人の観客を前に、キスしたんですよ、この2人!!!(@_@;;;;;

その後つよさんは、すっかり『してやったり』顔で。
光一さんはその場へ倒れこんで呆然。
「俺の2008年の初キスやぞ.....これ.....。」とか言ってたかな(^-^;)
ご愁傷さまです(-人-;)

実はこの口唇チューの前に右頬にチュー。
そしてつよさんソロ曲の時に、光一さんへ抱きつきながらまた口にチュー。
↑これはスポンジの山に倒れこみ、埋もれ気味だったのでファンにはあまり見えていなかったのですがつよさんが自己申告したので(笑)
外周(って表現で合ってるのか)をすれ違う時に額へチュー。
アンコールの時だったかな?左頬にチュー。
計5回、つよさんから光一さんへチューしたのでした(笑)

そしてそれで開き直ったのか、キレたのか。
ダブルアンコールの時にはついに、光一さんからつよさんへ頬にチューしたのでした(笑)

.....てか5万5千人の前で何やっとんねん、この2人(-_-;)

ただでさえKinKiファンはヨコシマ(腐女子)ファンが多いらしいのに、こんなんで煽ってどうすんじゃ(笑)
わたしはネタとして面白かったんで見てはいましたが、さすがに回数多くね?と(笑)
今日ばかりは本気でつよさんになりたかった!!
つよさんになって光一さんにチューしたかった!!!!("▽"*)←きっとまともな意見(笑)


まぁそんなこんなで、他ブログでもきっとこの話題で持ちきりなことでしょう。

このキス事件(?)を除いても、全体の構成、曲、ダンス、そして2人の思い、スタッフの思いがたっぷりこもった素敵なコンサートでした☆

そして嬉しいニュース。
今年は全国ツアーがあるかもしれないとのこと!
しかもそれはそう遠くない話っぽいです☆
Φコン追加公演ってことなのかしら?
今から地方へ飛ぶお金の工面はじめないと.....(笑)

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://rukah.jugem.jp/trackback/226

Trackback